不妊と漢方薬

漢方薬にできることは?
排卵障害などの機能的な異常には、一般に排卵誘発剤やホルモン療法が行われます。
漢方が使われるのは、おもに卵巣や脳のホルモンの機能障害と、原因不明の不妊の場合です。
不妊は、妊娠に関係する種々のホルモンバランスが崩れている状態。
漢方では、例えば「冷え」を取り除くことで、卵巣機能を回復するなど、全身状態を調え、妊娠に備えた体づくりを目指します。
 
女性の生理不順や不妊治療に昔から使われてきた温経湯(ウンケイトウ)、ホルモンバランスや全身の血行を良くする当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、男性には、精子の数や運動率を改善するのに有効な補中益気湯(ホチュウエッキトウ)などを、体質、症状などに合わせて使い分けます。
体にやさしい治療で、本来ヒトがもっている回復力を引き出します。最近では、ホルモン療法との併用治療も増えています。
私たちの体は非常にデリケート。体調の乱れや、ストレスに負けない心と体をつくりましょう。

ワンポイント・アドバイス
●冷えは、不妊、生理不順など、さまざまな不調をもたらします。なるべく冷たい飲食物をとらず、体を温める食品をバランスよくとる、
過剰な冷暖房を避ける、血行を良くする運動を適度に行う、などの工夫をしましょう。